事例:自然共生

トップ  |  自然共生事例  >  海岸  >  手打漁港海岸

手打漁港海岸

[鹿児島県薩摩川内市]

事業区分 海岸 ブロック アクアリーフ
施設区分 人工リーフ 施工時期 H16年度〜
構造種別 消波工 撮影年月 H20年5月
生物 その他褐藻類 軟体動物類  撮影水深 ±0m〜-2m

【平面図/断面図/撮影箇所 等】

平面図/断面図/撮影箇所

【写真・その他】

%E6%89%8B%E6%89%93No.1.jpg%E6%89%8B%E6%89%93No.2.jpg%E6%89%8B%E6%89%93No.3.jpg
フクロノリやアミジグサの仲間が着生多くの小型海藻が着生(ブロック開口部内から撮影)ブロック上に見られたアメフラシ

【コメント】

藻場造成を考慮して施工されました。当初は魚類の食害により海藻がありませんでしたが、最近では小型海藻が見られ始めました。今後がさらに期待されます。

問い合わせ先
株式会社不動テトラ ブロック環境事業本部 担当:青田 徹 TEL:03-5644-8585


↑このページの先頭へ